守谷工房の製作品へ                守谷工房Topへ

お仏壇

「仏壇を作ってもらえないでしょうか」とのご依頼をいただき、初めて設計・製作に挑みました。
高級材(紫檀・黒檀など)を使った本格様式のお仏壇はとても無理ですが、現代の一般家屋
にもマッチする家具調のお仏壇ならば製作可能ではないかと考えました。ご位牌を安心して
お納めいただくため、できるだけ品の良い仕上がりとなるよう製作作業に務めました。

**本製作品は製作過程の詳細を公開しております**


製作したお仏壇の全景です。家具調のシンプルな外形
デザインと落ち着いたダークブラウンの塗装色にしました。
 

前面両開きの扉を取り付け、本来のお仏壇と同じ基本構造で
寸法は高さ600mm、横幅510mm、奥行365mmとしました。

  

前面扉を開けたところ。内部にはご位牌が鎮座する棚を取り付け
お線香など仏具を収納する引き出しを1本組み込みました。

 

家具調の中にも仏具としての印象を残すため
天板稜線にルータービットにてR加工を施しました。

 
 
箱組にダボ接合を用いたため外側表面に
釘や釘穴の痕が一切出ていません。

 
 
製作費用を抑えるため14mm厚のエゾ松材を使用。
側板に柾目材、天・底・扉に板目材を配置しています。
 

また、幅広の平板を得るため、90mm幅の
単材を必要枚数(3~4枚)平接ぎしています。
 
 
塗装は砥の粉による目止めの後、調合した
ステインで着色、透明ウレタンにて仕上げました。
 

扉を開くと上部に天幕板が見えます。大きく
R加工を施しお仏壇に装飾を加えました。
 
   

内部の棚板と引き出しまわり。棚板は留め具に
載せる方式なので、取り外すことができます。

 
 
扉開閉用の蝶番は30mmの真鍮製を用い
ました。輝く金色がささやかな装飾を加えます。

 

扉固定用にマグネットを使用しましたが、キャッチ板は
天幕板を避けて天板裏側に取り付けてあります。

 
 
引き出しを引いてみます。
内部は無塗装としました。

 
 
棚板を持ち上げてみます。棚板の
裏側に留め具が嵌る溝があります。

 
 
平接ぎによる扉には、反り返りによる変形を防ぐため
上下に反り止め材(赤ラワン)を嵌め込んであります。

 


大きさ・材質
・本体(外枠)部分:510mm(幅)×365mm(奥)×600mm(高)、エゾ松・赤ラワン。
・引き出し部分:472mm(幅)×343mm(奥)×90mm(高)、エゾ松。

守谷工房の製作品へ                守谷工房Topへ