守谷工房のリペア2へ                守谷工房Topへ

全自動ドラム式洗濯乾燥機の現実(2017.9.3)


3年前に自宅で購入した全自動ドラム式洗濯乾燥機、日立製BD-V9600です。
洗濯物を干す作業がなくなり、以後洗濯の手間が激変しました。数か月前から
奥さんが「乾燥に時間がかかる」と言い出し、洗濯物を入れ過ぎているのでは、
生地の厚いものを入れたからでは、などと真剣に取り合わないでおりました。

 

奥さんは取扱説明書にある通りに、洗濯の度に各フィルターを必ず清掃し、
「そこまでしなくても」と思うくらいに丁寧に使っています。「なかなか乾か
ない」が「全然乾かない」に変わり、「何かおかしい」が「絶対おかしい」と
なり、最新型全自動洗濯機も不具合を疑わざるを得なくなってきました。



新型の洗濯機は例外なくそのクリーンさを前面に押し出しています。BD-V9600の
パンフレットに掲載されているこの図版では、「洗濯のたびに槽を除菌、黒カビを
抑える」、「見えない部分をしっかり洗う」など頼もしい言葉が飛び交っています。
 

2013年に発売になった時のニュースリリースです。
新型がどれだけ凄いか、フレーズがてんこ盛りです。

 
・強力循環ポンプを搭載しシャワーの最大流量を従来機種の約3倍となる毎分約60Lとし、高濃度洗剤液を洗濯物にたっぷり浸透させる「ナイアガラ循環シャワー」を新たに採用。

・洗濯物に高濃度洗剤液を勢いよく通過させる「押し洗い」と、大きな落差の「たたき洗い」を短時間で行うことにより、洗濯物のごわつきや黒ずみを抑えて、きわだつ白さに洗い上げる。

きれいな水で洗濯槽裏側など付着した皮脂汚れや洗剤カスなどを洗い流し、槽を除菌、黒カビを抑える「自動おそうじ」機能や、汚れが残りにくい排水ホースを引き続き採用。

・乾燥面では、時速約300kmの高速風で衣類のシワを伸ばしながら乾燥する「風アイロン」機能を継続採用。

・忙しい朝や出かける前などに便利な「スチームアイロン」機能が進化し、ワイシャツ2枚程度なら、わずか10分でシワを伸ばして消臭も行う
ニュースリリースには新型の特徴がこれだけ
謳われています。胃もたれするほどの高機能です。

不具合を疑う決定的な理由は、奥さんがネットである書き
込みを見つけたからです。フィルターの奥にゴミが詰まる?

 

通常の乾燥フィルターは、奥さんが毎回必ず清掃
しています。その奥ということは、本体内部です。

 

現在の洗濯機はプロセッサに完全に制御された
複雑極まるインテグレーテッドマシンです。

 

そのような未知の領域に踏み入ることは、正直気が
進みません。メーカーのサービスを頼りたいところです。

 

しかし、何故か法則のように、決まって保証期間が
過ぎてから深刻な不具合が発生するものです。

 

まず第1段階として、上部化粧パネルを取り外しました。
固定ネジの頭は同色シールで隠され目立ちません。

 

化粧パネルの下に別の固定ネジがあります。が、
前面パネルを大々的に分解することになりそうです。

 

乾燥フィルターの下にあるネジは、この電源
スイッチパネルを固定しているだけです。

 

前面パネル関係の分解には進まず、乾燥
フィルターの奥部分を覆うカバーに移ります。

 

狭いコーナーに押し込んでいるため、背面側のネジ
固定の様子が分かりません。鏡で位置を確認します。

 

ネジを床に落とすと厄介なことになる
ので、緩めた後慎重に引き上げます。

 

側面は爪による簡単な篏合構造です。左右に
広げるといよいよカバーが浮き上がってきます。

 

上面カバーを取り外します。手前の乾燥フィルター
収納部の奥に、明らかに連結している部分があります。

 

強度を保つために周囲がリブ構造に
なった、角形のダクトのようです。

 

ダクトの後部は水平方向から垂直方向へ向きを
変換する形状で、上半分が分割できるようです。

 

手前で垂直方向2本、奥側で水平方向2本のネジを
緩めると、ダクトの上半分(カバー)が外れてきます。

 

カバーを開けかけた瞬間、不具合の原因が一挙に噴き出て来ました。同時に、
最新型全自動洗濯機への信頼、信用、畏敬、安心・・が崩れ、逆にそれが
抱える不安定、脆弱、落とし穴、欠陥・・どうしようも無さがこみ上げてきます。

 

このダクトは、洗濯時には洗濯液やすすぎ水が、
乾燥時には温風・熱風が通過する重要部品です。

 

凄まじい量の凝集した繊維埃が詰まり、経路をほとんど
塞いでいます。丹念に手で取り除くしかありません。

 

水流通過時に運ばれた繊維埃が、乾燥時の温風により
固化・固着し、徐々に蓄積して行ったのでしょう。

 

繊維埃の固着量が一定量を超えると、流速・通過水量が抑制
されて加速度的に蓄積量が増加していったと考えられます。

 

運動エネルギーの大きい水は通過できても、温風の
通過は困難です。乾燥できない理由が良く分かります。

 

繊維埃の蓄積・固着は、方向を変えて垂直方向にも
成長しています。本体の位置を変えて奥側に立ちます。

 

針金ハンガーで急遽SSTを作ります。垂直ダクトの
途中壁面や底部から繊維埃を掻き出すためです。

 

この後、掃除機の先に細いホースを接続し
ダクト最深部まで徹底的に吸い取ります。

 

同型機で全く同様のトラブルを扱っているYouTube動画です。作業を
終えてから見つけました。稀に起こる例外的な不具合ではないようです。

 

検索していると同型機および同型機以外でも、あるいは他社製洗濯機でも、似たようなトラブルが
いくつも起こっていることが分かります。今どきの全自動洗濯機とて「そんなもんだ」ということです。
 

あらためて付属の取扱説明書を詳しく調べて
みます。全120ページにわたる「書籍」です。

 

87ページまでめくったところで、ようやくメーカー側の
立場を説明する記述(下半分)が出てきました。

 


乾燥フィルターの差し込み口から、付属のノズルを使いその奥を清掃するよう指示があります。
付着した繊維埃(糸くず)が小さいうちに取り除いておけば、大きく成長することを防止あるいは
抑制できるという設計なのでしょう。しかし、「乾燥フィルター表示が消えない」ことや、「C06コードが
表示される」場合に限定しているので、ユーザが積極的にこの手入れを行うとは考えられません。
そして現実的には、かなり積極的に(表示が出なくとも)手入れをしなければ、このトラブルを
避けることは難しいということです。ニュースリリースやパンフレットにある輝かしく誇らしい
製品紹介とは正反対に、最新型と言えども抱え込まざるを得ない現実を見る思いがします。

 
守谷工房のリペア2へ                守谷工房Topへ