Topics20 Topics19 Topics18 Topics17 Topics16 Topics15 Topics14 Topics13 Topics12 Topics11
パネルヒーター温度スイッチ交換(2019.1.19)


Electroluxパネルヒーターの修理依頼を再びいただきました。
昨年10月にアップした「遠赤外線パネルヒーター電源スイッチ交換」をご覧になりお問い合わせ下さいました

 
 
コイルスプリングの組み戻し(2019.1.17)


しばらく前から各地の美容室よりヘアアイロン修理のご依頼が続いております。
今回は神宮前にあるトレンディな美容室まで、ヘアアイロン2台を引き取りに出向いて参りました。
美容師さんたちがお使いになるプロ仕様の道具です。
電源コードの本体付け根部分を動かすと一時的に付きます。
修理は楽勝のはず・・です。


 
アリエテ製スチームアイロンの修理(2019.1.15)


以前にも同型のスチームアイロンを修理させていただいたことがあります。
確かデロンギ社製でしたが、今回はAriete(アリエテ)製です。
その後アリエテ社はデロンギ社に吸収されたそうです。
両者ともイタリアにある電機メーカーです。

 
お酒の熟成器(2019.1.12)


お正月早々に面白い電気製品が送られてきました。
「お酒の熟成器」です。
自分はお酒を嗜まないこともあり、このような製品の存在すら知りませんでした。
超音波を照射することで短時間でお酒の熟成度を上げるそうです。
「たった3日で2年分の熟成が可能」とはネットで見かけた広告です。

 
ヘアアイロンの本体修復(2019.1.11)


都内の美容室からのご依頼で、ヘアアイロンの本体に不具合があります。
工房に到着してみると、以前にコントローラーを製作した製品に似ています。
温度制御機能には問題ないので、修理のハードルは高くなさそうです。

 
謹 賀 新 年(2019.1.2)


昨年、守谷工房は200件を超えるご用命を皆様から頂戴しました。大変お世話になりました。
新2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
工房屋上から新年の日の出をカメラに収めました。
日の出に照らされた街並みや富士山の遠景をGallery3にてご覧下さい。

 
縦型ブラインド修理(2018.12.26)


高齢者施設内食堂ホールの大きな掃き出し窓に取り付けられている縦型ブラインドです。
スマートなデザインで見栄えがよろしいのですが、常に円滑な動作を保つには定期的な保守点検が不可欠です。
また、補修用部品の入手が簡単ではありません。

 
キッチンキャビネット扉のリフォーム(2018.12.23)


築30年近いお宅からキッチンキャビネット扉の修理をご用命いただきました。
築年数に伴い設備も老朽化が進みます。
システムキッチンを新しくすることも検討されたそうですが、住設備専門店のご紹介で工房に問い合わせを頂戴しました。
扉をリフォームすることで、新品に近い外観と機能を取り戻します。

 
電源コネクタ内切片の修復(2018.12.18)


この1年間で何本のヘアアイロンを修理させていただいたでしょう。
そのほとんど全てに共通するのが、電源が付いたり切れたりする不具合です。
電源コードが本体付け根部分で内部断線しています。
今回もまたいつもの修理かと思いつつ・・

 
半田吸取機 戦列に加わる(2018.12.15)


専門的な電子回路製作業の方から思いがけず半田吸取機を頂戴しました。
既にお仕事から退かれたそうで、不要になったとはいえ大変貴重な装置をお譲りいただきました。
工房では「喉から手が出る」ほど欲しかったツール(兵器)です。


 
2.4インチTFTデジタルオシロスコープの組み立て(2018.12.10)


おもちゃ病院のドクターS氏が、組み上げたデジタルオシロスコープを見せてくれました。
ARM Cortex-M3プロセッサを搭載し、2.4インチカラーTFTディスプレイが付属するポケットサイズです。
サンプリングレート1M/s(12bit)で帯域幅200kHz、9V動作で回路形と並べてデスクトップで使用するには非常に便利です。
工房へ導入即決です。
組み立てキットによる製作のためMachineに掲載します。


 
SONY製BCLラジオICF-5600(2018.12.7)


BCL(Broadcasting Listener)ラジオ修理のご依頼です。
守谷工房は高周波回路に疎いので、「ダメモト」でよければお受けするようにしています。
製造元を始め、修理店が皆目見つからないのが現状で、拙い修理技術でも何とか修理して差し上げたいものです。

 
鳩時計の修復(2018.12.3)


木製の鳩時計を修復します。
物心も付かない子供の頃、自宅に掛けられていたことを覚えています。
全体が黒い色で、時刻を告げる「パッポー」という音も耳に残っています。
写真の通り、不具合は長針が欠損していることです。
時計の役を果たさず、長期間(10年以上?)保管してあったそうです。
鳩が飛び出てくる機構に興味が掻き立てられます。

 
出窓の二重窓化(2018.11.30)


自宅にて窓の断熱対策を進めております。
リビングの掃き出し窓は高性能サッシに丸ごと交換(工事外注)、和室の障子は障子風の内窓に交換(外注)、その他の小窓は
DIYにてポリカーボネート製内窓を取り付け。
最後に残ったのが2面ガラスの出窓です。
建築時は明るくお洒落だった出窓も、今や冷気を最大限に呼び込む暖房のバックドア
デザイン重視の凝った建付けだけに、ここに断熱対策を施すには工夫が必要です。

 
守谷工房2019カレンダー(2018.11.27)


守谷工房2019年のカレンダーが出来上がり、お世話になった方々にお配りしています。
また、現在工房にご注文・ご依頼をいただいた方にも差し上げております(在庫限り)。
Sヨコサイズ(横148mm×縦115mm)、ダブルリング綴、煩わしい絵柄を避けた実務的なデザインです。
PDFファイルでよろしければ、こちらからダウンロードいただけます。

 
目覚まし時計のベル(2018.11.26)


先週のおもちゃ病院の外来です。
見るからに元気の良さそうな目覚まし時計です。
上部に立派な金属製鐘が2個取り付けられ、同じく金属製のハンマーで打ち鳴らす仕掛けがひと目で分かります。
こいつに叩き起こされる朝は・・、想像したくありません。

 
Topics17スタート(2018.11.25)
 Topics17へと進めて参ります。これまでと変わらず閲覧下さいますようお願い申し上げます。
 このところ少し手が空いていることもあり、自宅の防寒・断熱対策に取り組んでおります。昨年のこと、ウレタン吹き付けによる床下断熱を決意し、吹き付けキット(20kgのタンクと吹き付けガン)によるDIY工事を計画しました。しかし、実際に床下を覗いてみると、その空間の狭さに閉所恐怖症の気配を覚え、急遽専門業者に依頼することに。業者の方が下見に来てみると、何と床下の高さが通常よりも低く、工事は不可能とのことです。どうりで狭くも感じるはずです。
 床下断熱断念し、今年はサッシ交換による窓断熱を検討することに決定。実は一昨年途中まで検討し、中断してしまった計画
であります。内窓を追加する方法、既存のサッシそのままにガラス板を高性能なものに交換する方法、サッシごと新製品に交換する方法など、予算的にもピンキリです。
 内窓方式は低予算で効果が高いものの、リビングの掃き出し窓には、出入りの度に二重に開け閉めする手間が面倒です。思い切ってリビングだけは最新型サッシごと交換する方法を選択します。取り付け工事による外壁の取り壊し部分は、カバーを被せる工法で予算を抑えることが出来るそうです。障子の入っている和室には、和紙柄の内窓を入れることにします。
 その他の小窓、玄関、キッチン、トイレ・・がそのままではリフォームの足を引っ張るでしょう。工事の前にこれらは、ホームセンターで販売されている内窓キットを利用し、DIYで片付けます。
Topics20 Topics19 Topics18 Topics17 Topics16 Topics15 Topics14 Topics13 Topics12 Topics11